[ジムを続けるまとめ]フィットネスジムに4回目通う私だからわかるジムをつづけられる方法(7)


コスパ抜群!都営(毎回やすくお支払い)と民間フィットネスジム(毎月払い)を併用しよう

都営ジムと民間フィットネスジムの併用は、コスパから見ても併用が最高です!

民間フィットネスジムは毎月かかる悪者!固定費がかなりかかります。1年で10万円。

健康を維持するには仕方がない面もあります。

フルタイム会員ではなくて、時間限定の会員になっておくと固定費削減です。

都営ジムの場合は、都度払いですが設備が古い。

これがわかると両方のいいところどりをするのが一番続く方法です!

都営ジムと民間フィットネスジムの併用は、モチベーション維持の意味でも併用が最高です!

民間フィットネスジムの場合

マッサージ機やお風呂が充実です。

元気なインストラクターさん。自分のテンションが低い場合は市営へ

都営ジムの場合

2時間など決められた時間なので集中できる

時間制を選べばすいている

 

(まさよ)

こんな使い分けがイイね!

元気なときは、民間フィットネスジム、ほっといてほしいときは、都営ジムですね!

 

ジムを続ける上でこちらも見逃せない!

ウェアなど体のラインが見えにくいものやおしゃれなものを買うと、ジム通い続きますよ

以下の記事にウェアのおすすめあげています。

スポーツジムは準老人ホームと化している。ジムが続かない理由続けるコツ(2)

 


コメントを残す