スポーツジムが続かない理由(3)続けるために24時間営業ジムは?


忙しいから、スポーツジムに行けない。ジムは老人ホームだ!なんて言い訳を言っていたわけです。

スポーツジムは準老人ホームと化している。ジムが続かない理由続けるコツ(2)

そんな言い訳をぶっ潰す24時間スポーツジムについて

JOYFIT24に通う

JOYFIT24は24時間利用できるフィットネスクラブです。

10時あたり〜22時の間はスタッフがいます。

それ以外はいません。カードキーで入退場できます。

設備

ロッカー・シャワー・トレーニングマシーン・ランニングマシーン・フリーウエイトゾーン・女性専用ゾーンと最低限の設備は整っています。

サービス 店舗によってはトレーニングメニューを組んでくれるが、基本的に自分1人でトレーニングをする。

ほっといてくれる嬉しさ!マシーン操作は教えてくれるわけですよね。

スタッフはいます。

向こうからというよりこちらから積極的に尋ねていかないといけない雰囲気

アクセス 駅近が多く、帰宅途中に通いやすいというメリットがあります。

そんな24時間スポーツジム(24時間フィットネスジム)のメリット・デメリット

メリット

24時間通えることは魅力的でした。ちょっと友達と晩ご飯に行った後でも全然行けますし、朝の通勤前にトレーニングしてから出勤をするなど、自由な組み立てが可能です。

そのおかげで一定の期間、週2回通うことができました。時間に縛られることはなかったです。

スタッフが話しかけてこないことも私的には良かったです。トレーニングの知識などはある程度知っていたので、のんびりと取り組むことができました。

規模が少し小さくて、フリーウエイトやトレーニングマシンが少々充実していない分、主のように居続ける客やものすごくマッチョでガツガツやる人ばかりという感じではなく、気兼ねなくトレーニングができました。

女性専用フロアもあり、女性の方にとってはトレーニングがよりしやすいように配慮されていました。

デメリット

駅近でアクセスが良いことから平日の夜は混みました。また駅近のビル店舗の中などに多いため、どうしても規模が小さくなります。

ガツガツトレーニングしたい人からすると、マシンの種類やフリーウエイトの少なさは致命傷かと思います。

狭さも気になりました。フリーウエイトしようにも狭いので、少し気を使いました。 また、私は良かったのですが、スタッフがあまり積極的に話しかけてこない印象でしたので、物足りなさは感じるかもしれません。

みんな、自分で考えてなんとなくトレーニングをしている感じがしたので、きっちりと効果を出したいなら、スタッフのサービスが充実したジムに行く方がおすすめです。

24時間は良かったのですが、あまり夜中に行くことはありませんでした。もちろん朝も。私はとくに夜型でもないので、24時間じゃなくても良かったのかなと思います。

結局仕事が忙しくなって、通わなくなってしまいました。都度利用ができるジムの方がいいかなと今は思います。

そんな意味で、放置されたら、放置されたで困ってしまう。

それならば、2つのジム・3つのジムをかけもちするのもいいですね!(都度払いでって意味ですよー)


コメントを残す