スポーツジムは準老人ホームと化している。ジムが続かない理由続けるコツ(2)


早くもやってきました!忙しいからいけない言い訳

ジムが続かない理由を考えるとネガティブなので、かろうじてスポーツジムに加入できる理由を考えてみました。

前回の記事より、退会したくなる時期は、4月・10月・3月・6月・9月というお話。

例外なく言い訳が出てきて退会したくなってきたのもこの3月。はー4月はより忙しいので、もう退会したいと言い出すんだろうなぁと自覚。ひどいときは半数近くスポーツジムの会員が入れ替わります。

フィットネスジムに4回目通う私だからわかるジムが続かない理由(1)

かろうじてスポーツジムにかよう理由

通いたくない病は重症で、スポーツクラブの近くでウロウロしてからようやくジムに入る。

かろうじて、続ける理由ができています。

それは、お風呂と機械式マッサージです。

スポーツジムのお風呂はジムを続ける理由になります!

最近のお風呂事情は、大変化しています。

普通の街の銭湯で1回440円!

1月に13,200円もかかるようになっています。

会員料金が1月に7000円ですから、お風呂の掃除回数や家でお風呂に入る回数を減らすには最高!

と考えれば続けることはありです。

マッサージ機も続ける理由になります!

お風呂やさんのマッサージは15分200円程度

毎回帰りに使えば、30日で6000円。

家にマッサージ機を置いていたこともあります。場所とりますよね。マッサージ機。

使わないときはひたすら邪魔。衣類をかける場所になっていたり本が積まれていたりして何のためにあるのかわからなくなることもしばしば。場所をとります。

最近は場所をとらない、イスにかけるだけのマッサージ機もできています。

ハマると結構使えるイスにかけるマッサージ機。

でも、備え付けのハイテク電動自動マッサージ機がスポーツジムにあるとやっぱり幸せですね。

プールもあるけど、体型が気になる。

このような場合は、上着をラッシュガードにするといいですよ。

でも、こういうラッシュガードはだめ

 

ガチ泳ぎの人のラッシュガードです。体型が目立って仕方がありません

泳ぎはまだ適しますが、着脱がしにくい。

 

これが正解です。前がジッパーでゆるめのシルエットのラッシュガードを選びましょう。

体型が目立ちにくいですし、泳ぎにくいですがタイムを競うために泳ぐのでなければこのほうが

気持ちの安心感が違います。後ろから泳いできたり、向かい合わせになったりしたときに異性の方にジロジロみられるのは辛いものです。

ゆっくりウオーキングと泳ぎを組み合わせて過ごすには最適。

プールは毎日通いたいとなるかどうかは好みがわかれそうですね。

スタジオプログラムに通うことも続けるコツですが・・・。

スタジオプログラムは、ダンスやエアロビクスなど50分があっという間です。

でも、スタジオプログラムは派閥ができやすい。

レッスンコーチ目当てでもめやすい。

結構掲示板の悪口の温床になる。この点も考えて続けないとある日何気なく検索したジムについて

書かれた文章にあなたと思われる行動の悪口がアレコレ・・・。怖すぎますよね。

だって、スポーツジムは準老人ホーム

それならば、市営のそっけないプールがいいのでは?

市営のスポーツクラブが銭湯の近くにできるとき、よく揉めます。

もめごとの妥協案として、お風呂を作らずにシャワーだけにするという市営ジムが増えています。

民間の場合は、お風呂を導入しているところが多い。

ですから、そっけないスポーツジムになっていることが多いです。

愛想もインストラクターによって全然違う。基本的には放置。

これはこれでありがたいものです。高いスポーツジムはインストラクターが笑顔で接してきます。

仲が良くなればいいですが、気が合わないと思っている人が毎回ジムで声をかけてきたら・・・。

これは地獄です。ジムのインストラクターも気を遣って話かけてくれているだけなので、

苦情をいおうものなら陰で悪口の対象に・・・。

お気をつけて!

市営スポーツジムの特徴は都度払いにあり

1回150円から300円という超リーズナブルな価格。

場所によっては2時間制・3時間制などお年寄りの溜まり場(準老人ホーム)対策が施されていて気持ちよく使える場合もあります。

目的が体を鍛えることなら、それもまたいい。

今月と来月はスポーツジム退会者が激増する期間で理由は忙しい!

私はモロにその状態ですから、続けられる理由(風呂・マッサージ)を組み合わせて7月までは続けてみたいと思っています!

 

 

 

 


コメントを残す