入眠と朝食


なかなか眠れない

寝ないといけないのになかなか寝付けない事って誰にでもありますよね。

色々考え事をしてしまったり、体の不調だったり。

精神的・身体的な理由で眠れない時はそれなりの対策をしないといけませんが、もっと単純にただ疲れていないだけって事もあります。

健康で常に頭をよぎる大きな悩みなどもない場合は、朝食で改善される場合があります。

睡眠に大きく関係するなんか聞いたことのある「メラトニン」というホルモンがあるのですが、このメラトニンの分泌が少ないとなかなか寝付けなくなってしまうようです。

という事は、メラトニンを分泌しちゃえばいい

そもそもメラトニンって何?分泌しろって言われても・・・ってなりますよね(笑)

難しいことは全部省きます!詳細を書いて間違ってたら恥ずかしいし。

メラトニンは生成する材料を摂取してから13~16時間後くらいに分泌されるので、朝食に材料を摂取すれば良いということになります。

メラトニンの材料

メラトニンの素になる「セロトニン」そしてその材料になるのが「トリプトファン」と「ビタミンB6」です。

また変なのがでてきましたね。

ビタミンはともかくセロトニン?トリプトファン?

これも深く考えなくても、とりあえず含まれてる食材を摂取すればいい!

トリプトファンとビタミンB6を朝食で同時に取る事が大事なんですね。

何を食べれば?

ざっくりいきます

トリプトファンが多く含まれている食材

・大豆製品や豆類

・ナッツ類

・卵

・肉類

・魚類

・バナナ

・プロセスチーズ

他にも色々あります

 

ビタミンB6が多く含まれている食材

・魚類

・肉類

・にんにく

・ごま

・焼きのり

他いろいろ

 

こうやってみると、何食べてもよさそうな・・・

しっかり考えて食べるなら、「トリプトファン 多い 食材」とかで検索すればいくらでもでてきますが

考えるのも調べるのもめんどう!

結局のところ朝食はバランスよくいろんな食材をいただきましょう】

食材を見ていると、ご飯・味噌汁・焼き魚・のり・卵という昔の旅館の朝食みたいなのがいいですね!

和食おそるべしです。

 

結論

結局のところ良い睡眠を得るためには、良い朝食をということですね。

朝食は大事だとよくTVでも言ってますけど、自分はどうかといわれると・・・

すごい適当です、食べない日のほうが多かったり(汗)

 

難しく考えずに、バランスよくいろいろな食材を取り入れましょうということですね。

洋食だと偏りがちなので何か1つ食材をプラスするだけでも違ってくるのだと思います。

これで今夜もぐっすり!だといいなぁ(笑)


コメントを残す