即効 5秒でMacでできるファイルのカットアンドペーストCommand + CとCommand + Option + V


即効 5秒でMacでできるファイルのカットアンドペースト

 

はじめに

5秒で覚えるの部分は、「5秒でできる」の文字が大きなところまで読み飛ばしてください。

 

ウィンドウズのマシンを使っていて、マックですぐにできないのがファイルのカットアンドペーストですね。ファイルもなんだか同じコピーばかりがあちらこちらに散らばってしまってとっても困ります。

一度でなんとかすませたいものですね。

そんなときはショートカットキーが便利です。

 

5秒でできる

 

「Command + C」でコピー

をおすとファイルがコピーされます。

「Command + Option + V」

をおすとペーストです。

 

忘れた時は本ブログで確認しましょう。

私もなかなか覚えられないので備忘録として書いておこうと思います。

 

即効でできる部分はここまで

 

ショートカットキーが覚えられない

 

ショートカットキーを覚えられないで困ることありませんか?

私たちは、小さいときからそんな経験ばかりですよね。

台形やひし形などの面積を覚えない限り、公式を出すのに手間がかかります。でも、覚えていればすぐに答えが出せます。

漢字なども同じですよね。

鷺という漢字をかけといっても難しいから、ネットで調べて書く。

でも、一度鷺という字を覚えたらいつでもこの漢字をかくことができますよね。

 

覚えて使いこなすまでの気持ちの流れ

 

覚えるまでの心の過程は、我慢・辛抱・飽き・慣れ・・・たまに忘れですね。

我慢して書いて、辛抱強く取り組み、飽きた頃に慣れて(覚えて)、そして忘れてしまいます。

難しいときは難しいから調べようって思う気持ちは大切にしたいですね。

 

マウスのタッチパッドもたくさんのジェスチャーがあり身に付けるのはなかなか簡単ではありませんよねぇ。

そこを覚えるキーボードタイピングのようなアプリがあればいいのになぁと思います。

なんども見返して、調べ直して身に付けることですから、その覚える数は絞ってほうんとうに役に立つ方法から覚えていけるようになるブログがかければいいのになぁと思って始まったこのシリーズですが、いかがでしょうか。

今後は、例えばamazon stickなどが不調になったときなどそういった場面に合わせたよくあるトラブルと解決のしかたなども書いて自分も読んでいただいた人も助かるようなつくりにしていきたいですね。

 

まとめ

5秒でできるけれども、覚えるまではなんども見返して確実にできるようになると楽になるはず。

 

5秒でできるファイルのカットアンドペーストですが、覚えるのは簡単ではありませんから、どうかなぁと思うたびに本ブログを見返してもらえると嬉しいです。私も、どうかなぁと忘れた時にはみようと思っています。


コメントを残す