2018年3月から長期・中期・短期・練習用投資方針


長期・中期・短期・練習用投資方針が定まりました。

FPその他専門家のみなさんありがとうございます。

現金大好き

iDeCoもずーぅっと現金で放置

ほったらかし投資iDeCo(1)

 

やっとマネックス証券にうつして投資信託

そして、その他の短期的な資産などにわけて、現金だけでもたないという方針決め。

さらに現金ニコニコ払い大好きからやっと脱却できたのは以下の記事のおかげ。

投資について1級FPさんたちに聞いてみたよ。[損することが大っ嫌いな人が知識ゼロから始める]お金の話 投資信託編

梶田静六的な運用したいなぁ。

でも、今世間のプロ様がいわれている運用に沿う形で

毎月10万ほどは最低投資できる仕組みを作ろうっと。

年行けば、梶田静六で。

 

長期運用方針

iDeCoでマネックス証券に依頼

 

 

年度内変動が大きそうなので以下の緊急方針を定めました。

 

 

 

(まさよ)

緊急方針

 

ただし、2019年は日本株の割合を減らす。年度内で一旦日本株を売り払い、割合を減らすかゼロにする。

 

2019年の消費税導入があれば、割合をゼロに。

アメリカの利上げがあって、株価が下がれば先進国株を追加購入

 

長期投資です。

iDeCoで20年以上の運用で、退職まで換金できません。

運用は、maxis slim中心に構成

4割は、日本株

6割は、外国株

債券は当分組み入れない。

全てを投資配分せずに10万ほどは下落時などに追加投資できるように定期預金で保有しておく。

国内株 40%

DIAM DC 国内株式インデックスファンド 

信託報酬 0.1674%

 

外国株 60%

そのうち40%

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

信託報酬 0.11826%

アメリカ利上げ時には先進国株式インデックスを購入する。

 

そのうち20%

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

信託報酬 0.2052%

 

中期運用方針

積立NISAはSBI証券

積立NISAはSBI証券で行う予定です。これは20年の運用です。

相当大きな病気や入院など大きな何かあれば、解約

就業不能に近いとか、家を買うとか。

基本は解約しません。

そこそこ儲かれば解約予定ですが基本的にはそのままです。

年で40万円

株価下落時

買い増しする銘柄

優先順序

1.三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 毎日400円積立

2.大和-iFree NYダウ・インデックス 毎日900円積立

3.大和-iFree S&P500インデックス 毎日300円積立

1.信託報酬が少ないため 2.1番欲しい銘柄のため3.これはバフェットが9割もっておけと言っているため

余力は、ボーナス払いなどで下落時に積立をますためにおいている。

余力は10万円ほどあまるようにして、どこかで集中投資

下がらず上がり続けたときは毎日、積立額の金額をあげていく。

短期運用方針

NISAは松井証券・楽天証券・SBI証券

投資信託の100円積立投資信託

 

(まさよ)

売るときは、

毎日少しずつ売却する。

 

買う優先

1.松井証券(切り上げがおいしい。改悪されれば、購入順序最下位で、真っ先に売る)

2.楽天証券(ポイントが改悪したときは、購入順序最下位に)

3.SBI証券(ポイントを考えると信託報酬は下がるが、そもそもそのポイント使いにくい。)

売る順序は

1.松井証券(端数切り上げがお得なので、購入も優先は松井証券)

2.楽天証券(ポイントが改悪したら)

3.SBI証券(本当に欲しいiFree NYダウを買っているため、基本的には売らない投資信託。)

値段が下がったとき

1.松井証券は放置 入金している額を変えたくないため

2.楽天証券も放置 入金額を決めてそれ以上は動かさない。

3.SBI証券は買い増す。

儲かれば、手放す、Detaxの調整などにも使います。

いつかは個人国債かなぁ。

投資練習用途運用方針

100万円以内で行う!

wealthnaviこれは機動的に使う。売ることはあまりしない。

リスク許容度は5で。

株式

やすいときに少しずつ好きな株を買う。

一番欲しいのは、

優待があり

 

短期国債・債券

使わないお金

IPO関係を重視

 

仮想通貨はしない。

 

 


コメントを残す