毎日100円積立投資信託(2)暴落は嫌だけど、見えてきた毎日100円投資で暴落時にできる対策


暴落は嫌だけど、見えてきた毎日100円投資で暴落時にできる対策

今年は、NYダウの暴落と連動したようにみえる日経平均株価の暴落が3回(2018年2月6日、3月22日、3月23日)もありました。

暴落するたびにマイナスの投資信託の情報をみるのは嫌なものです。

明日も暴落するだろうなぁ・・・。と思っても買いたいタイミングで買えないのが投資信託なのです。

株やETFなどは、株式市場が開いていれば、売り買いはしやすいのです。

でも、投資信託はクローズ期間や価格が購入者にとってみえない・・・。

安いと思った時に判断して買って、高いと思ったときに買うのをやめた!とはできにくいのです。

たった100円ですが、ずるずると買い続ける辛さがあります。

もしも投資信託を一括で買っていたら?

大暴落が2日連続で続くともう憂鬱なのでしょうね!

気持ちを保つためには、一気に買わないほうがいいですよ。

稼げる投資法としては、年度始めや月初めに一度にかける予定の金額をかけるほうがいいとよく書いています。

そんな一括投資信託派の人は毎日100円投資信託よりも泣けるほど損害がひどい結果になっています。

一括投資したほうが得!屁理屈です。

余剰資金であっても、一括投資して一円でも多く稼ぎたい。欲張りたい人向けです。

株価の底値や高値がどこにあるかがわからない・・・。だから、投資信託でコツコツかう。

投資信託で1億円稼ぐ!短期的に儲けてやる!

・・・カテゴリーが違うのだと思います。

1億円稼ぐ!株価のタイミングがよめる人なら株式や信用取引へどうぞ。

投資信託なんて、儲かるというよりインフレなどに対応するために買う程度のものって思おう。

そんなに一括で根こそぎ稼ごうというより、本当に痛まない最低金額を少しずつ投資。

儲けの頭と尻尾は譲って、真ん中をおいしくいただくほうがいいと思います。

これがドル・コスト平均法だったはず!

それでも、損することが嫌いな私は、100円投資で暴落時にできる対策をうちます。

毎日100円投資で暴落時にできる対策

投資信託をストップする!

買付が止まるまで1日・2日よぶんに買付けてしまう憂鬱は味わいますが、

そこからは痛みません。

投資信託の毎月積み立てを阻止する方法

SBI証券の場合

ログインしたあとにこの1から3の手順をおします。

つみたてNISA買付をおします。(つみたてNISAでなく積み立て買付でしている人は、積立買付をおします。)

設定金額をゼロにすればそれでオッケー!

時間によっては

1日は余分に買い付けられますが、これで積立が止まります。

 

毎日積立するといいことも

株価下落時に投資信託を購入することは、多くの口数の投資信託を購入できるとも言えます。

例えば100円で10口変えていたものが、株価が下がることで100円で14口買えることもあります。

つまり、4口分得になるのです。

安い時は、投資信託にとってはチャンス(ドル・コスト平均法)といえます。

でも、まだまだ下落すると思ったタイミングに、積立をいったんやめて投資信託の値動きが落ち着いてから積立を再開できるという選択肢。

これは覚えておいて損はないと思います!

また必ずやってくる暴落に備えて、毎日100円投資信託のいろんな対策を覚えましょう。


コメントを残す