毎日100円積立投資信託(1)本当に毎日100円で投資信託に積立できます!


NISAの設定を毎日100円設定でお得にします。

お急ぎの場合は、目次より100円積立って?からお読みください。

絶対iDeCoが投資ファースト!次に積立NISAだが!

まずは、iDeCoを設定が優先ですよー。

iDeCoはSBI証券からマネックス証券に移管することにしました。

移管手数料は5000円だとか・・・。

マネックスの絞り込んだ商品構成が好きなので変えることにしました。

SBIのiDeCo商品は数がある割にもうひとつ馴染めず、ずっと定期預金にしていました。

税金分得はするのですが・・・。

SBIのiDeCoはサービス会社が実は微妙。

ほったらかし投資iDeCo(1)

 

SBIのiDeCoですごい商品は、iFree NYダウ・インデックス

これはいいのですが、1点買いをiDeCoでするつもりはなく。i Free8資産バランスももうひとつ。

さらにSBIのiDeCoの他の商品がexe-iなど信託報酬の面(手数料)で無理と思い投資信託をせずに放置。

SBI関連だから当分はこの商品構成なのだなぁと思い変えることにしました。

投資信託については以下の助言が後押ししました。

投資について1級FPさんたちに聞いてみたよ。[損することが大っ嫌いな人が知識ゼロから始める]お金の話 投資信託編

iDeCoをマネックスに移管する。この手続きの間にNISAの設定をすることにしました。

iDeCoの移管を行ってまで投資信託を行う決断に至ったのは以下の記事のFPさんとの会話からでした。

投資について1級FPさんたちに聞いてみたよ。[損することが大っ嫌いな人が知識ゼロから始める]お金の話 すぐに始めろiDeCo編

このよに心のもちようを変えてもらってやって100円積立に行き着きました。

100円積立って?

投資信託に100円ずつ積立ができます。

SBI証券・楽天証券・松井証券・マネックス証券であります。

毎月投資のほうが運用効率がよかったかもというシュミレーションもでています。

毎日100円より毎月2,200円のほうがいいときもあります。

でも、どの月が安く買えるのか統計ではあやしくて結局アノマリーで毎月10日から数日後の間

アノマリーって迷信みたいなところもあります。

そして、この毎月10日から数日後の購入がよいというアノマリーの根拠もあまり意味がない。

そうすると、実際に数字でお得な100円積立はないものか・・・。

ありました!

100円積立どこにしよう

これは松井証券

松井証券で間違いなしです。

松井証券のみ、投資信託で100円投資したときに

お得になるようになっています。

他と比べて

買付のときにおまけされることがあるのです!

SBIもポイント還元考えるとお得なときもあります。(これも積立しましたのでまたの記事)

また、楽天証券も楽天銀行とのマネーブリッジでお得になる。

今は、楽天銀行のパスワード再発行をしています。

楽天銀行の使い道が見つかりました。

(まさよ)

難しい言葉で言うと

概算口数が切り上げ

約定金額は円未満四捨五入

となります。

 

毎日積立て少しずつお得になる。

証券会社の営業日は22日前後ですから

毎日積立でおまけが22回つきます。

1年ですと262回お得。

さらに、100円ずつ

例えば5箇所投資信託を購入(分散投資)すると

さらに5倍 1310回分お得。

もう訳がわからないですね。

さらに基準価格が高い(値段が高い)商品を選ぶと得です。

 

(まさよ)

個人的には、基準価格が高い商品を選ぶかどうかより

手数料が低い商品のほうがいいと思います。

大人気のひふみプラスですら購入口数の端数切り上げでお得です。

いくら費用がかかるの?

1つの投資信託毎日100円積立で

月に2,200円ほどかかります。

保険金額のようなものですね。

かけすて保険と違い運用されている点がすごい!

日本経済の縮小を痛感しているので、まずは1銘柄でもいいのでかけて投資信託の練習をすることが大切だと思います。

私が選んだ松井証券の投資信託商品はこれだ

投資信託選択理由

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

毎日100円月に2200円

リスク5段階中3

信託報酬合計(実質)0.1718%

TOPIX(配当込み)の動きに連動する投資成果

日経の1700銘柄に投資しています。

ニッセイのマザーファンドそのままかな。

日本経済に投資していると捉えています。

 

たわらノーロード 先進国株式 為替ヘッジなし

毎日100円月に2200円

リスク5段階中3

信託報酬合計(実質)0.2160%

以上の外国株式マザーファンドがありベビーファンド。

世界経済に投資していると捉えています。アメリカに6割弱投資

 

たわらノーロード 先進国株式 為替ヘッジあり

毎日100円月に2200円

リスク5段階中3

信託報酬合計(実質)0.2160%

上記の為替ヘッジあり版

たわらノーロード 先進国株式 為替ヘッジなし

毎日100円月に2200円

リスク5段階中3

信託報酬合計(実質)0.2160%

たわらノーロード NYダウ

毎日100円月に2200円

リスク5段階中

信託報酬合計(実質)0.2430%(松井証券より)

NYダウの動きに連動する投資成果

アメリカダウジョーンズに投資していると捉えています。

これは、信託報酬は高いですが、NYダウは伸びがいいのでおすすめ購入。

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

毎日100円月に2200円

リスク5段階中3

信託報酬合計(実質)0.1183%

MSCIの動きに連動する投資成果

これは、たわらと同じです。手数料はこちらのほうが低い。

(まさよ)

 

100円積立の効果のために、たわらはいれているので、まず最初に切り捨てるのはたわら

残しておくのは、emaxis slimだと思います。

世界先進国経済に投資していると捉えています。(アメリカだよね)

 

以下は、 細かいことです。どのような投資をしているか

たわら先進国 emaxis slimの買っている投資先

たった100円なのにこんなところまで投資

以下は読み飛ばしてもOK

MSCIの動きに連動する投資成果

(まさよ)
外国株式パッシブ・ファンド・マザーファンド
                                                  平成29年10月31日現在
                 資産の種類                            投資比率(%)
     株式                                                  94.46
                   内 アメリカ                       57.86
                   内 イギリス                          6.65
                   内 ドイツ                             3.88
                   内 フランス                          3.86
                   内 カナダ                              3.84
                   内 スイス                              3.46
                   内 オーストラリア                2.46
                   内 オランダ                           1.98
                   内 アイルランド                    1.43
                   内 スペイン                           1.33
                   内 スウェーデン                    1.13

https://toushi.kankei.me/d/S100C3RBより引用

結局アメリカ株式かっているのと似ている。

あっくん
他の国の影響は限定的(あまり影響ないじゃん)。しかもアメリカの大きな会社自体が世界中に支店をもつ会社だから、アメリカの大手企業に投資=世界に投資ではないのか・・・。

 

(まさよ)

投資している会社は

 

apple microsoft amazon facebook  JOHNSON    & JOHNSON

 

あたり

NYダウについて詳しく

(まさよ)

順位上位10銘柄比率

1 ゴールドマンサックス 6.92% 

2 3M 6.41% 

3 ボーイング 5.92% 

4 ユナイテッドヘルス 5.59% 

5 ホームデポ4.87% 

6 APPLE  4.87% 

7IBM 4.81%

 8 マクドナルド 4.75% 

9 ジョンソンアンドジョンソン 4.03% 

10 トラベラーズ(保険会社) 3.92% 

 

ダウジョーンズの選定基準

 適格企業の名声、持続的な成長の長期実績、投資家の関心度、セクターを代表する企業か

銘柄変更はいつ行わる?

ダウ平均の構成銘柄の見直しは必要に応じて行われます。継続性を保つため、変更はほとんど実施されません。通常、構成企業の中核事業の大幅な変更や、買収などのコーポレート・アクションがない限り、銘柄の入れ替えは実施されません。銘柄入れ替え時には、インデックス全体が改定されます。これは、複数の変更が同時に行われる可能性が高いことを意味します。

http://money-bu-jpx.com/news/article001708/

次の指標を用いた運用成績はS&P500よりNYダウがよいときがほとんど

ですが、NYダウは手数料が高い・・・。

20年運用するならS&P500が一番いい。

バフェット氏が妻に送った手紙にS&P500に9割投資

1割を政府短期債で運用せよというお話があります。

このあたりを参考にしました。

投資信託もシンプルに運用しないともう四六時中気になることになります。

投資信託でお金持ちにはなりませんけど、円資産よりはマシかな。

バフェットの遺言。億万長者を生む「インデックス投資」の秘密とは?=東条雅彦

楽天証券でもS&P500とNYダウが買えるETFや投資信託について特集が組まれていました。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/indices/07.html

 


コメントを残す