水槽に藍藻が!!


やっかいな藍藻

ミナミヌマエビとタニシの子どもと白めだかの水槽。

この水槽はもともと半分陸地でチドメグサ(雑草)をもっさり生やしていたところに、そのまま水を満水まで入れた状態でした。
おそらく水を綺麗にするバクテリアが元々いたので、他の水槽よりも透明度が高く状態がよかったのです。

この水槽に最悪なものが発生してしまいました。

藍藻です。

濃い緑色で、べったりしていて非常に匂いがきつい。
すさまじいスピードで増え、ガラス面や水草を覆ってしまう厄介なものです。

原因は底砂を掃除せずに水を張ったので、汚れが溜まりきっている状態だからだと思われます。
水槽によく発生するコケとは性質が違い、張り付かないので水流でもはがれるのですが・・・
取っても取ってもまた発生するんです(泣)

コケではなくバクテリアの一種なんですよね。キモチワルイ

スポイトでちゅるちゅる吸い出していたのですが、もうきりがない・・
そこで、水換えしながら吸いだせるお掃除グッズを自作しました。

まぁ自作と言ってもただのパイプ付きホースですけどw

 

さっそくホームセンターで材料を購入!

ABS素材のパイプ 1mで190円
パイプが刺さる太さのビニールホース 1m60円×3m

このパイプを使いやすい長さに切って、ホースをさす!

じゃじゃーん!完成~!

ホースの先をお風呂の排水に、パイプを水槽に。
ホースを少し吸って、サイフォンで水を抜いていきます。

これで藍藻を吸い出しながら水換え。

綺麗になったところで、生物兵器も投入!

ライヤーテールブラックモーリー

藍藻を食べてくれる!(らしい)
見た目もクール!
卵胎生なので繁殖も簡単!

もう自分がどんな水槽を作ろうとしていたのかなんてわからなくなってきました・・・
金魚どうなった?さあ?

まぁしばらくこれで様子を見て(底砂のそうじはしていないw)、大丈夫そうならブラックモーリーは60cm水槽にお引越し。

 

ちなみにタニシだけの水槽に数日間だけ白めだかを入れていたのですが、なんと産卵していたようでいつの間にかメダカの稚魚が泳いでいましたw
1匹だけですが、順調に大きくなってきています。


コメントを残す