王道の方法で歩むそもそもGoogle AdSenseって何?(2)


Google AdSenseって何?

そもそもグーグルアドセンスって?

あっくん
日本で一番簡単に僕「あっくん」が説明します。
(まさよ)
難しくは私「まさよ」が説明します。
あっくん
グーグルが広告を出してくれて、誰かがクリックするだけでお金が入ってきます。

 

(まさよ)

難しくいうと(以下は流し読みでOK)

Googleの広告配信サービスで自分のサイトに広告を掲載することで、クリック報酬を狙う

アフィリエイトの一種です。

 

 

(まさよ)

またまた難しくいうと(以下は流し読みでOK)

 

他のアフィリエイトはクリックしてもらって購入してやっとお金になります。

 

簡単にいうと

あっくん
Google AdSenseはクリックするだけでお金がもらえます。

この2つは大違い

Google AdSenseとは まとめ

1.(グーグルアドセンス)何気なく気になってクリックしてもらう。それだけでお金が入る

2.(ほとんどの会社)何気なく気になってクリックしてもらう。さらに商品を購入してもらう。

(見てもらった人が商品を買うためにお金を払うところまででやっとお金がもらえる。)

だから、Google AdSenseは収益になる(もうかる)といわれるのです。

だから審査のあるGoogle AdSenseは審査に合格することがたいへん重要になります。

誰もが取れる王道の方法を知って、簡単にGoogle AdSenseを通しましょう。

王道の方法だとさっさと合格Google AdSense

1月29日からいきなり収入が入ってきました。

やっぱり以下の記事のように王道の方法をとるとストレスが少ないですね。

王道の方法で歩むGoogle AdSenseに挑戦(1)

 

もしもGoogle AdSenseの審査に落ちたら

Google AdSenseの審査に落ちた人たちのブログを見ていると、数ヶ月後にまた・・・。となっています。

Google AdSenseの審査の時間も数日かかります。

まずは通らないと何ヶ月もダラダラと続く地獄に落ちます。

Google AdSenseの審査を通すために

1,記事数を確保しておくこと(1,000字程度を10本。)

2.審査に出すのは2週間後から1ヶ月後以降

3,Google AdSense用のブログの形(フォーマット)にしておくこと

1.が一番手間がかかります。

たくさんブログ記事を読んでも時間ばかりがすぎます。

少しずつイメージを描きながら取り組むときっとうまくいきますよ。

次回は、1.記事数を確保しておくこと(1,000字程度を10本。)を乗り越えるための方法を次回の記事でお伝えします。


コメントを残す