王道(3)Google AdSenseの審査基準に合格する方法記事数(1,000字程度を10本)を乗り越える方法


文字数1,000字を10本はたいへんだ!

Google AdSenseに合格するためには、文字数1,000字を10本書く必要がありまる

600字でもいいなど書かれていますが、それで万が一

Google AdSenseの審査基準から落ちてしまうと、目も当ててられません。

再審査まで待たされて、また数週間が簡単にすぎてしまう。

そこで、記事数1000本の10本を乗り越える方法をお伝えします。

邪道誰かに依頼する方法

はじめて、1000字を書くのはとっても大変です。

外部サービスを使うというてもあります。

例えば、クラウドワークス、シュフティ、ランサーズといったサービスがあります。

1000字で700円から1000円で受けてもらえます。

でも、10本で7千円から1万円・・・。

バカにならない。

ココナラというサービスはひとつの手助けになるでしょう。

ココナラはこちら

上をクリックして登録いただくと300ポイントもらえるそうです。

文章作成のところから気に入った出品者を選んでお願いをします。

なぜココナラをすすめるか?

クラウドワークス、シュフティ、ランサーズは、人による差が激しすぎます。

小学生の作文レベルの人が多数。

例えば、このような記事が仕上がってきます。

 

あっくん

旅館がきれいだった、豪華だった。

景色がきれいだった。晩御飯がおいしかった。朝ごはんがおいしかった。

いろいろきれいだった。

 

 

(まさよ)

どのあたりがきれいと感じたか

 

ご飯がおいしかったのは何か

 

そういったイメージが湧き上がるような文章に変えればいいのにねぇと思います。

 

(まさよ)

そういった面で、お金を払って人を選んで具体的に支持すれば、クラウドワークス、シュフティ、ランサーズです。

 

でも、本当にその手間をかけるなら記事かいたほうがいいよ!

ココナラをすすめるわけ

ココナラも同じような質の低い人もいます。

登録も簡単でこちらから入力すればもうお願いができます。

クラウドワークス、シュフティ、ランサーズではものすごーく面倒です。面倒どころか、この登録の手間と募集をかける要項を考えるだけで、記事何個もかけます。

ココナラは、記事を書く人の質もランキングや口コミをみて判断できるのは大きいと思います。

それでもやっぱり問題があります。

ココナラの得意分野は

イラストやキャラクターです。

文章は、いくら自身がありますと言われても、読んでみると???となる記事おおいです。

そして、アクセスにもつながらない記事が多い。

ひどいものはコピーされた文章を送ってくることも・・・。

必ず、googleなどで一致した文章がないか確認しましょう。

1000記事パッケージなどもうあやしさ爆発のものも多いです。

10記事全部かけないときに、いくつか補助的に使うのがいいのだと思います。

でも、書く力がつきにくいので邪道とします。

(ちなみにここまでで1150字近くです。)

王道の文章作成方法(誰でも1000字を楽々に書く方法)

これは次回の記事としましょう。

 

 

 

 


コメントを残す