緑茶とコーヒーの健康効果 ①


緑茶とコーヒー

花粉症のことを聞いたり調べたりしているうちに、自分的健康ブームがやってきましたよ。

緑茶が体に良いのは昔から言われていますよね。

私は緑茶はあまり飲みませんが、コーヒーは大好きなんです。(通ではないのでインスタントでも何でも美味しくいただけます)

一昔前まではコーヒーは体に悪いとよく言われていましたが、嬉しいことに最近は逆転の傾向にあります。

悪い(とされている)ところはあえて触れず、良い(とされている)ところを知ると飲みすぎすぎの罪悪感も薄れると言うものです!!

と言うことで、緑茶コーヒーについて、いい所だけをぴっくあっぷ。

まずは緑茶から~

 

緑茶

緑茶の健康成分なんて有名なので、今更感はありますがw

緑茶に含まれている健康成分は

カテキン・テアニン・カフェイン・その他など、それぞれざっくり解説で。

カテキン

・抗酸化作用
・抗菌、抗ウイルス作用
・血圧や血糖値上昇を抑える
・口臭や虫歯予防
・脂肪燃焼を促進
・腸内フローラの改善

まぁよく聞きますけど、あらためて見るとすごい!

カテキンはお茶の渋みに関係しています。

 

テアニン

・リラックス効果
・ストレス緩和
・睡眠改善
・学習能力、集中力の向上
・PMSや更年期障害の症状緩和

なんか優しいですね~

テアニンは旨みや甘みに関係しています

 

カフェイン

・抗酸化作用
・覚醒作用
・脂肪の分解効果
・利尿作用
・解熱鎮痛作用

これも嬉しい効果ですよね

カフェインは苦味に関係しています。

 

その他

・GABA
・ビタミンC
・葉酸
・ビタミンE
・βカロテン
・フッ素

聞いたことある成分がいろいろ入ってます。

ビタミンCはけっこうたくさん入ってるんですよ(酸っぱくないけど)

 

発がん抑制効果の可能性や、肌を強くして紫外線から守ってくれたりと他にもいろいろな健康作用があります。

 

1日の適量は?

お茶は飲めば飲むだけ健康になります!みたいな事言われてたこともありますけど

まぁ何にでも適量ってものがありまして。

どうやら段階的に効果があるようです。

・1日2杯で認知症予防
・1日5杯で脳梗塞の危険性低下
・1日5杯で必要摂取量のビタミンC
・1日7杯で糖尿病の改善効果

7杯はけっこうキツイかなぁ、そこそこ健康な人なら目標5杯ですかね

夜はカフェインを避けたいところですので、毎食とその合間に1杯飲めば無理なく5杯いけますね~

お茶好きなら何の問題も無いです。

私はお茶よりコーヒー(あとメロンソーダとロイヤルミルクティー・・・)が好きなのでキツイです。

一応1日10杯くらいまでなら問題ないようですが、やはりカフェインなど取りすぎるとよくない成分も入っていますのでほどほどに。

 

※ペットボトルのお茶は、急須で入れたお茶ほど健康成分は入っていません。無くはないけど。

コーヒーは次回に持ち越し~


コメントを残す