青色申告承認申請書を税務署に出してきた! 書き方など


所得税の青色申告承認申請書

いつかを夢見てパート2ですね。

確定申告の際「青色申告」をすると、所得から65万円又は10万円を控除してくれるってやつです。

 

詳しい内容は・・・パスしますww

まぁ節税ですね~

 

 

コレ大事

青色申告をするためには初めに「青色申告承認申請書」を税務署に提出しておかなければいけません。

これは開業日から2ヶ月以内となっています。

 

 

開業届けと一緒に出しちゃいました。

 

どこでもらえる?

申請書は税務署でもらえます。

国税庁のHPからダウンロードすることもできます。

郵送も受け付けていますので、時間がない方でも安心~

 

私は開業届けといっしょに説明を聞かないと不安だったので、直接税務署にいきました。

職員さんはとっても親切・丁寧で拍子抜け(オイ)でしたよw

 

書き方

開業届け同様、これも簡単です。

 

税務署名・提出日 / そのまんまです。税務署名と提出日(開業日から2ヶ月以内)

 ★自分は税務署がハンコ押すので書かなくてもよいと言われました。

 

納税地 / 自宅で開業の方は自宅住所、事務所がある方は事務所の住所。

 

氏名・印鑑・生年月日・職業・屋号

 ★職業・屋号は開業届けに記載したのと同じです(屋号は確定申告時に好きに変えることができます)

 

事業所又は所得の・・・名称及びその所在地

 ★事務所がある方は記載します。自宅の方は何も書かなくて大丈夫です。

 

所得の種類 / 事業所得・不動産・山林

 ★事業所得にチェック

 

いままでに青色申告承認をとりけされた又はやめたことの有無

 ★有るか無いか。無にチェック

 

本年1月16日以降新たに業務を開始した場合の年月日

 ★無記入

 

相続による事業承継の有無

 ★相続ではないので無にチェック

 

その他

 1.簿記方式 / 複式・簡易・その他

 ★65万円の控除を受ける場合は複式(いろんな帳簿が必要になります)

いろいろ夢見てるので複式にチェック

 ★10万円の控除なら簡易

確定申告時に選べるので、準備ができなかったら簡易ってこともできるらしいです。

 

 2.備付帳簿名 / 現金出納・売掛・買掛・経費・固定資産・預金出納・総鑑定元帳・仕訳帳

 ★65万控除なら↑の8項目にチェックみたいです

自分は書かずに持っていって聞こうと思ったら、これで大丈夫ですって事でそのまま提出になりました。

 

はい、コレだけです。

 

結局のところ

文字にすると分かりにくいですが、実際は住所・氏名・職業・屋号くらいしか書くところはありません。

他はチェック入れるだけ。

ちょうかんた~ん。

 

開業届けと同時に出すと手間も省けます。

お手軽に用紙をダウンロードして郵送でもOK!

不安な方は印鑑とマイナンバーを用意して税務署へGOGO!

誰だって(私だけ?)初めは緊張するのです!小心者なので緊張で変な汗がいっぱい出てましたw

でも丁寧に説明してくれるし、その場ですぐ書いて提出までできるのでおススメですよ~


コメントを残す