高野山 奥の院へ


高野山

開創1200年の高野山、その中でも有名な聖地奥の院。
そこには弘法大師空海が入定し、今なお生きて瞑想を続けているということです。

うちの家は奥の院にある「燈籠堂」に燈籠を奉納しているのです。(言われるまで知りませんでしたがw)

両親ももういい歳なので、動けるうちに場所を教えておくということで3人で行ってきました!

 

南海電車~ケーブル

出発は早朝から、電車で行きました。
私はICカード。
父は科学の進歩が嫌いなので切符を購入。
母はICカードを持っていますが父に合わせて切符w

南海電車 極楽橋駅から直結のケーブルカーへ乗り換え。
電車から出た瞬間「寒っ」
すでに標高はそこそこ高いみたいです。

電車の駅から改札を出ずにそのままケーブルです。
ここもICカードでそのままいけるので楽ですね~

ちなみにお客さんの半数は外国の人。
上品な方ばかりでした。

ケーブルカーで10分ほどで高野山駅に!

そこからバスでくねくねした道を進むと、山奥なのに町に着きます。
お寺がたくさんあり、観光スポットにもなっていますね。

そしてバスの終点「奥の院前」で降り、父親指定のお店で昼食。
まだ11時ですが、父の行動にまかせてついていきます。平和的に。

3人とも同じものを注文。
両親はそばを食べきれず、私の胃袋へ・・・ツライ

 

そしていよいよ突入~!
ここが正面入り口なのかは分かりませんが、すでにパワースポット感がすごいです!

お墓や慰霊碑がいっぱい!
怖い雰囲気ではないですね。

流れる川の水もとっても綺麗。
参道には織田信長・武田信玄・豊臣秀吉・暴れん坊将軍など、有名人の墓石。
樹齢千年ともいわれる杉がたくさんあり、ここにしかない雰囲気。

 

そして色々見ながらたどり着いた目的地。
御廟(ごびょう)・燈籠堂
が、しかしここは弘法大師さまに失礼のないように撮影禁止。
帽子もだめなんですよね~、父親から帽子をはぎとりました。プププw

 

燈籠堂

燈籠堂は奉納された燈籠が、お堂の中いっぱいにまつられており何ともいえない不思議な空間。
自分たちの燈籠を探すのに苦労しました~

午前8時30分から午後2時40分まで。予約は不要です。
お堂は開いている時間は無料で自由に入って見学できます。

奉納された燈籠は永代で、お堂内には毎日唱えられたお経が流れます。
2階建てになっており、天井一面・壁一面・棚一面・のきした一面 お堂内は燈籠で埋め尽くされています。

燈籠には大・中・小とサイズがあり、もちろんお値段も違います。
気持ちは金額ではない!と言いたいところですが、かなり違うので・・・
ちなみに50・100・300だったかな・・
うちのはヒミツ。

またこの燈籠堂の地下のその奥には、弘法大師さまがおられると言うことです。

 

運動不足ですでに疲れきっていたのですが、帰りももちろんバス停まで歩かなければ・・
来た道とはまた違う道から、墓石や立派過ぎる杉の木を見ながらゆっくりかえりました。

今回は目的がはっきりしていたので、他の場所は見ずに終わりました。
また次は一人で来て思うままに動いてみてもいいかな~

 


コメントを残す