1万円投資(1)wealthnavi ロボットアドバイザーで投資してみる。


ロボットアドバイザーの2大巨頭

THEOとWEALTHNAVIがロボットアドバイザーの2大巨頭ですね。

併用している人たちのブログを見てみると、WEAHTNAVIの勝利ですね。

絶対見逃せない部分は運用報酬の部分ですね。

同じく1%

引き分けです。

しかし、運用報酬が1%は非常に高いと思います。

1%を切る信託報酬の投資信託が山ほどあるなかで、何倍も手数料をしかも預けているだけでかかってきます。

お任せの気楽さを取るという意味ではありですね。1円でもうまく運用したい人にとっては、非効率極まりないですよね。何億円も運用するわけではありませんから、この運用手数料の差はそれほどでもありません。

税効率で考えるなら、iDeCoの圧勝ですね。

NISAも悪くありませんね。

ロボットアドバイザーを使っていい人

手間をかけたくない(リバランス)、お忙しくて多少手数料を取られても良いのであれば、ロボットアドバイザーはありです。

でも、iDeCoの長期運用とNISAの短期決戦(あるいは、長期の積み立てNISAの限られた投資信託商品)の金額以上に投資するときには選択肢としては大ありだと思います!

特にWEALTHNAVIのDetax機能は絶対に見逃せません

Detax機能とは、

https://www.wealthnavi.com/

配当やリバランスから生じる税負担が一定額を超えた場合、含み損を実現させることにより自動的に繰り延べます。

 

税金の損益の調整を自動で行なってもらえることは、

被害は最小限、効果は最大限の攻守を手に入れたようなものと思います。

THEOとWEALTHNAVIの両方比較して、比べるほうが記事としては面白いのだと思いますが、圧倒的にWEALTHNAVIのほうが有利。

同じ運用手数料なのであれば、少しでも楽できる商品が一番に決まっています。

確かに運用商品も違いますね。そんなことはわかっています。

でも、運用報酬は1%で変わりませんしリスク許容度のほうが結果に及ぼす影響は大きいでしょう。

長期投資と考えず、細かに投資運用比率を変えるのであれば、WEALTHNAVIと考えます。

そうそう、それに投資で大儲けは難しいと考えていますので、損をしない程度に細やかに運用できるといいなぁと思います。

THEOがいいのは1万円からの投資

WEALTHNAVIが10万円からの投資をうたっているのに対して、THEOは1万円からの運用ができるといううたい文句です。

うーん、富裕層とかわけのわからないワードをWEALTHNAVIが入れていることは気になります。

まぁ、10万円とか100万円とか初期投資額が多かったり、紹介制的な高級感を出したかったんだろうなぁって思います。

THEOは1万円からの投資

ロボットアドバイザー云々プラス投資運営委員会???みたいな結局人もかますみたいなことが書いてあります。

しかもETF運用だし、うーんロボットアドバイザーより個々でETF投資したほうがいいのでは?

など思ってみる。リバランスしてくれるのは絶対嬉しいですよね。売り買いの手間暇もいらないですから。

何に時間をかけるかですよね。運用額が増えれば、自分でしてもいいほどの効果があるかもしれませんが、投資初心者の自分の場合はいらないなぁ。

WEALTHNAVIの

金額の面でいきなり10万円なんて出せないよ。

でも、奇跡の逆転ホームランになりそうな方法が見つかりました。

これは次回の記事で!

 

 

 

 


コメントを残す