[すべての人に絶対得]お金を産む仕組み作り0[お金を産むレベル0]


どんな人も絶対得する仕組みづくり0

絶対儲かるはあやしいけれども、絶対得するは、あります!

すべての人にあてはまる得する仕組みづくりをお金を産むレベル0として説明します。

自分がお金をたくさんもった姿を想像することが大事

あやしい勧誘のようなタイトルです(笑)。お金をたくさんもてば、たくさんの銀行口座や証券口座にお金をもち、毎月入ってくる利子収入で遊んで暮らしますよね?

あやしい勧誘に聞こえますが、資産が増えるとたくさん口座が増えるのは当たり前です。事業決済用の当座かもしれません。決済用のカードかもしれません。1000万円を超えた現金の預け入れ先の分散かもしれません。

何も考えずだらだらキャンペーンに任せるがままに口座開設とクレジットカードを作りすぎると、引き落としなどの管理ができなくなりお金の増減を考えるのが面倒になります。年を取ればどうしてもカードも銀行口座も増えていきます。やむなくだらだらと口座開設するとだらしなくお金が流れていきます。

一番大事なことは、最初に枠組みを作れる人

枠組みこそが絶対に得をする人になるための方法なのです。

お金を産む人と無くしていく人の違いは、たったこれだけのちがい!

最初に、銀行口座や証券口座、クレジットカードがいくつ開いているかを一覧で理解する。

ネット上のアプリを使ってどうこうというのは、間違っています。お金を産むレベルがあがったときに取り組みましょう。

まず、確実に絶対!と言い切れるのはアナログな方法。

その方法は簡単でシンプルなものが一番続きます。

では、準備していきましょう。

準備するもの

大判のノート、鉛筆、のり

何が始まるのだ??

アナログです。全てにあてはまることってアナログなことが多いです。

紙に記録することです。文明の発達があったのはこのおかげ。口伝いなんて伝言ゲームと全く同じでどんどん変わって行く。屁理屈はここまで

何をするのか

自分の銀行口座・パスワードを書いていきます。

一番楽なのは、銀行や証券会社の口座開設のコピーをはっていきます。

そんなものはないという人は、銀行通帳口座のおもて面と支店番号・口座番号のコピーをします。

書くのが面倒な人は、ネット銀行などの口座番号などが書かれたページを印刷しておきます。

そのスキマに取引パスワードとログインパスワード、暗証番号表などをコピーしてはっておきます。

セキュリティ上危ないので、暗証番号の最後の1・2桁は書かない方法もあります。

たとえばaedxssがパスワードなら aedxであと2つなど、自分がわかるように書きます。

これは手帳などに書き写すときに使うといい方法。

クレジットカード会社はカードのおもて面をコピーします。

絶対得するのはなぜか?

これにより、自分の預金口座・証券口座が一覧になります。ネット上で確認しなくても手元にすべて管理できる元帳(もとちょう)を作っておくとこれからお金持ちになるときに管理が楽になります。

お金を産む方法はシンプルに!

まずは、ノートのどこにはるとかを考える必要もありません。

きた順番にひたすらはっていきます。

ノートが1冊できそうなときに、銀行口座ごと、証券会社こと、クレジットカード会社ごとにまとめていく。

お金を産む準備の第一歩の完成です。


コメントを残す