[外貨預金は連携で探せ!]外貨預金・外貨定期預金はお金の腰掛け場所


外貨預金はデメリットが多い?連携すればお得な面もみえてきます。

外貨預金は、外貨部分が預金保護されない。預けていた金融機関(銀行が多い)が破綻したときに、あまり戻ってこない。

前回のブログ記事でいうと、東京スター銀行と住信SBIネット銀行なら住信SBIネット銀行のほうが、安心できるかなってこと。

銀行単独で行なっている外貨預金はデメリットが多いのです。でも、お金の腰掛けとして外貨預金って便利です。

外貨預金は連携のできる銀行がいいよ

住信SBIネット銀行であれば、SBI証券と連動して外貨預金を動かすことができます。

金利が多少いい東京スター銀行に外貨預金ができないのは、この証券会社へスムーズにお金を動かす方法がないから・・・。

外貨預金を腰掛け預金にしてお得になる方法

円からの定期預金

円資金からの預け入れの特別金利を使おう

これで年利3%(3ヶ月もの)

私は100米ドル単位で行う。1万円とすこしからの預け入れです。

100ドル(1万円)なら、少し損をしても我慢ができる=コントロールできます。

米ドルを購入する。3ヶ月の特別金利で預け入れをする。円安にふれてるなら、売却して為替差益を得る。

為替差損もしくは、あまり動きがない。

毎日・毎週でも定期的に、できれば1万円単位で定期預金していきます。。

定期積立もひとつの方法です。

3ヶ月後次々満期が来ます。

為替益が得られるなら特別金利であっても途中解約。

為替益がたいしたことないときは、そのまま3ヶ月後の金利をを受け取る。

10万円単位でSBI証券に資金を移して、米ドル建債券を買う。

これである程度の為替差損をカバーできる金利が手に入ると目算を立てます。

氷漬けに近いですけど、金額を10万円単位で小回りが利くようにしておきます。

もしくは、10ー20万円単位で米国ETFを買い付ける。無難なバンガードなど。

これは、調整局面などで行う。

外国債の満期が訪れて円高なら、さらに米国ETFか米ドル建債券を購入。

儲かるまでゆっくり動かせばいいじゃない作戦。

これが、住信SBIネット銀行の連携で簡単に行える。

しかも、SBI証券で債券や米国ETFを買い付けた時点で、財産が保護される。

東京スター銀行の場合は、定期満期時のときに円安のときに、黙って握りしめるしかないのが厳しい。

ほら、気がつくと、預金保護の対象外の外貨が保全される場所に移動されています。そして、為替差損もなんのその、握りしめずに米国債・米ドル建債券・米国ETFと次の運用手立てが見つかります。

このお金のコントロールできる力は、100円投資信託でも身につく能力です。

暴落・暴騰のときに取りうる方法を身につけることで、将来、大金を運用するときに役立つ投資のコントロール能力となります。

[毎月100円投資信託]ひふみ投信が暴落?で苛立つ前に。100円投資信託で暴落恐怖を麻痺させよう[投資信託購入のコツはこれ!]

 

東京スター銀行さんがさらに連携してくれれば、金利面では東京スター銀行の商品のほうがいいですし、預金連動ローンなどとの連携も組めるし、仕組み定期預金のリスクも下がります。米ドル定期預金と円預金の組み合わせであっても、米ドルの定期預金解約後の米ドル運用につながる。

東京スター銀行さん!すごい面白い商品開発しているのだから、もっとつっきってください!

住信SBIネット銀行さん、その調子!

ほんとすばらしい銀行さんたちです。2行が競争相手となれば、もっと楽しい商品展開がうまれそうです。楽しみにしています。


コメントを残す