ひふみ投信暴落で気が詰まるなら役に立つ買い物でストレス発散


いつまでひふみ投信暴落するのかなぁ、株式市場も暴落

この記事では、私が超オススメする商品を紹介しています。めったにしないので、ご参考になさってください。

ひふみ投信や株式市場がこの程度の下げなら暴落とは言わない。そんなことはわかっています。でも、下がれば、必要以上に辛くなって暴落した気分になるものです。あれだけ安定的に儲かっていた歴史のあるひふみ投信がついに陥落。私の中では、暴落なのです(笑)。でも、みなさんも値段が下がると暴落気分になるはず。

そんな株式市場の調整局面にひふみ投信や株価をなんども見つめていると気が滅入りますよね。
そんなときは、無駄遣いではなく、役に立つ買い物をしておくとストレス発散にもなりますし、気持ちも紛れます。
今、下手に手を出して何年間も塩漬けになる(売ることができない)ということは、リーマンショック、チャイナショックではよく聞いた話です。
とにかく、株式の値や情報を探す1日の割合を減らして気を紛らわせることです。
下落が安定して、低位水準になったときに買い物をしていくことが一番です。
好きなことになるとはまり込んで時間をかける人とすぐに楽しい刺激を求めてしまいがちの人で買い物する商品を変えたほうがいいでしょう。

好きななことにはまり込んで時間をかける人にオススメの商品

これは、スマホなどの機械関係がいいでしょう。革製品のなめし職人になるといった突拍子もない方法も可能ですが、仕入れや職人自体は世界中にごまんといます。
そこで、購入資金が一時的で済んで、使いこなすごとに満足が高い商品がいいと思います。
私は、APPLE WATCH4をオススメします。私自身FANG関連の投資信託を購入しようと悩んでいたときに、すぐにFANGを買うのはどうだろうと考えました。それぞれのイニシャルとなる会社の特徴と本音を買くなかで商品購入の決めてを考えてみたいと思います。

Facebookで買う商品や魅力があるか

FACEBOOKはおじさん・おばさんの自己顕示欲ツールで終わってきている。昔のmixiなどと同じ末路かも。

Appleで買う商品や魅力があるか

APPLEは最高益を更新して、ありえないほど高いスマホを出している。でも、触る時間が最も長く手元に残る商品・・・。ほら、よく寝具は寝る時間が人生の3分の1(8時間睡眠の場合)、そうでなくても4分の1(6時間睡眠)は過ごすので高い寝具を買わないととよく言われます。最高の殺し文句ですよね。
現代人は起きている間にスマートフォンを長い時間触ります。特に若い人はテレビなどはもう見ません。スマホでひたすらチェックです。

Netflixで買う商品や魅力があるか

Netflixは、コンテンツ会社で世界中でコンテンツの買収合戦がおきまくっています。アメリカはケーブルテレビが根強い人気でしたから、そこからの派生もあります。一人勝ちに見えたNetflixも契約者数の限界値に近づいていることと他者もコンテンツの囲い込みにより、収益に限界がみえてきました。ただ、Netflixは人気ですね。

Googleで買う商品や魅力があるか

googleはAlphabet社が正式名称です。これは国際的コングロマリット企業で、検索を自由に動かすことができます。規約といっても彼らのさじ加減でいくらでも変えられます。
Facebook社とGoogleについては、Googleが圧倒的に力強い将来性が見えます。しかし、このFacebookとgoogleはどちらも個人情報で政府および個人ともめる可能性を秘めています。
Facebook社の個人情報流用疑惑はまさに直撃ですね。Facebook自体は終わりかけかつ問題多発です。もちろんinstagramもFacebook関連なのですが、instagramの必要性とgoogleの必要性の強さでは、絶対にgoogleでしょう。
こうなるとFANG全体というよりは、AppleとGoogleだけが検討対象です。

AppleとGoogleは投資価値あり

私、いつも思うのです。Google関連のもの買いたいって!でも、googleのAIスピーカーもいらないし・・・。今はそこまでAIスピーカーを使わなくてもと思います。
帰ってきて、電気がついていたり、エアコンが動くってとっても素敵です。でもICT関連機器って時間が経てば値下がりしたり、他社の似た商品で間に合うことだらけです。
値下がりもせずに、不必要になればそれなりに奇跡の売れる商品があるといいと思いませんか?だいたい、AIスピーカーのエアコンやジョイントを買っても、メルカリやヤフオクではありえないほど低価格でしか売ることができません。ようするに不必要なんですよね。
世の中の商品のほとんどは、中古になると価値がなくなります。だから、ユダヤの人は金や宝飾品を買い、有事にはそれをお金に変えるのですよね。中国の人の金大好きっていう発想もここな気がします。
歴史上のお金持ちさんたちがしていた行動を現代風に行うには何があるかなぁ。

値下がりをせずに、不必要になるとそれなりで売れる商品

それは、高級時計!でも、100万円以上の時計を庶民がつけるのもなぁ。何より、オーバーホールが1回3万円で毎年ー数年おきですよね。うーん、そんなに高くない時計でいらなくなったらお金に変えられるもの・・・。

[APPLE WATCH4の満足感]APPLE WATCH4は人の凝り固まった思考を変える。[買わなきゃわからない]

それならば Apple Watch でしょう。Apple商品は非常に人気で中古のiPhoneでさえも高価格で取引されます。Apple社がここ数年で一番力をいれているつまり、商品開発にただならぬお金をかけているのがApple watch4です。健康面からiPhoneの連携からパーフェクトです。200万円の時計はつけませんが、そんな高級時計を多数もっている人でさえも身につけるのがApple watch4です。
それだけ、価格を超えた魅力があるからです。時計は両手につける変わり者はいても、基本的に1本しかしません。
複数の高級時計を持つ人がApple watchを1本身につけている!これならば、庶民でも1つ買えば、お金持ちと同じ機能やメリットを享受できます。
生活レベルの違うお金持ちの人とも、Apple watchの便利機能についてなら話が盛り上がることでしょう。
同じ時計をつけていれば、そこをきっかけに話がはずむのも Apple Watchのすごいところです。

SEIKOなどの時計も素晴らしいですが、やはりグランドセイコーについて話ができるのは、どちらかといえば男性で30代以降ではないでしょうか。限られた中途半端なブランド認知ってつかれますね。しかも、お金がありあまっている人にとってグランドセイコーを1本身につける意味がない。これが残酷な真実ですよねぇ。私たち庶民が身につけるにはほどよい価格帯と質感であることは間違いがありません。

私も健康機能のついた有名な時計をもっていましたが、まず中古では売れません。しかも、高額なわりに所有の喜びがない。
これならば、APPLE WATCHは再販可能ということもあり、購入検討の価値があります。
Apple watchで嬉しい機能は、好きな株価や投資信託,ETFを美しくわかりやすい表示で常に表示ができます。これは働いているときに証券会社にアクセスするというアクセスログが残るような行為を行わなくていいでしょう。休み時間に株価を確認することしか働いている時間はしないほうがいいでしょう。常に表示なら何も問題はありません。時間をみるように株価を確認できます。
Appleが膨大なお金を持って投資をしているapple watchだ!と感じさせるのは、infographic(インフォグラフィック)を採用しているからです。
高級なスマートウォッチをいくら買っても満足できないのははっきり言って操作性や視認性が悪い。サイズの大きなスマートウォッチを買ったこともありますが、ひたすら使いにくい。
それに比べてApple watch4ならば表示領域が限界まで広がっています。42mmは女性向き。44mmは男性向きと言われますが、44mmが便利です。
手元で操作もできますし、スマートウォッチを取り出すまでもない通勤で歩きながらの簡単な返事もできます。imessageも指先の手書きで返信ができます。メールもすぐに確認できます。
スマートフォンを取り出してそういった操作をしていると仕事をしていない印象を与えますが、時計ならばそのように見えないこともポイントですね。

iPhoneとの連携も最高です。iPhoneも携帯電話会社と契約しなくてもipod touchのように使えます。ほぼiphoneの機能が機種購入代だけで使えます。iPhoneのスマートフォン毎月の携帯電話料金は結構かかります。他社のメーカーなら激安なのに・・・。こういうとき、少し手元のお金は一瞬かかりますが、毎月の変動費がかからないiphoneを買うとずっと無料です。simフリーというのを買います。simカードがなくてアクティベーションできないという難しいい言い回しがあります。しかし、やすいこのカードや対応のカードを数百円で買って、入れればすぐに使えます。simフリーと書いているiPhoneとこういったsimカードを買ってiphoneに差し込むだけでできるこんな簡単なことも私は1年近く面倒臭くて取り組みませんでした。simフリーのiphoneって5万円ぐらいします。携帯電話のiphoneの契約ならそれが値引きになる。でも、複雑な仕組み、結局月々の高額な変動費ともいえる携帯電話料金はとられます。うることを考えた時simフリーならそれなりに売れる、しかもiPhoneは人気なので売りやすい。
今、売るつもりがなくても、ユダヤ人のお話と同じです。宝飾品のごとく売却すると手元にそれなりにお金が残る。いい選択です。

 

そういった過程を経て私は
AにあたるAPPLE商品を購入することにしました。Apple watch4とiPhoneです。今ならiPhone8かiPhone7の順番でオススメです。

こういった商品を持っている私が次に購入を考えてきたもの

私が購入を検討しているQrio
仕事に行くときに、鍵を出して鍵をカバンに直してという手間が毎日です。
急いでいるときは結構邪魔くさいものです。ましてや、忘れ物を取りに戻るときに、また鍵を出して、鍵をカバンに直してという手間。これはもうなんとかしないといけませんよね。
Apple watch4を買ったときに、macbookのロック解除機能が便利という記事を読みました。パスワードなんてたいした手間ではない!
そう思っていましたが、実際この機能を使うと本当に便利です。Apple watch4を身につけているときにmacbookを開くだけでロックが解除される。
あっ、このロック解除の一手間って結構面倒だったのだって、便利になってから痛感しました。
古いお風呂も同じですよね。昔は、お湯をひねってお風呂のお湯がたまる頃合いに止めに行きました。お湯が暑すぎて水を足すだけの手間。暑いお湯は上にたまって、冷たい水の部分は下にたまる。だから、かき混ぜてから入る。たいした手間ではないと思っていました。
しかし、比較的新しいお風呂に変わると気持ちが変わりました。温度調整もお風呂お湯の量も勝手にしてくれます。冷めれば追いたき機能を使えばすぐにあたたかいお湯。
しかも音声で教えてくれる。
そう考えると、このドアを開け閉めする手間も相当面倒なものです。
Qrio lockならばApple watch4を身につけているだけで自動的に鍵が開閉する機能を追加搭載しました。
そういった対応が早いQrioってすごいと思います。

しかし、Qrio2 という新しいほうの商品を選びましょう。Appleは必ずしも最新の機種でなくても、結構前の機種でも最新機能をつけてくれることも多いのがAppleですね。

『Qrio Lock』、Apple Watch対応のお知らせ 〜Apple Watch単体での操作を実現〜
2018.10.10
Qrio株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:渡辺 潤、以下「Qrio」)は、2018年7月19日(木)に一般発売したスマートロック新商品『Qrio Lock(キュリオロック)』が、お客様からのご期待を受け、2018年10月10日(水)にApple Watchへ対応することをお知らせいたします。

Apple Watch対応アプリの提供により、Apple Watchから鍵の解施錠をすることが出来るようになります。なお、本機能は近くにiPhoneがない状態でも動作し、Apple Watch単体での操作を実現しております。また9月に発売された最新機種“Apple Watch Series 4”にも対応しております。
https://qrio.me/article/release/2018/2574/
動作確認済みのApple Watchを教えてください
以下の機種で動作確認済みです。

Apple Watch 第1世代 42mm (watchOS 4.3.2)
Apple Watch Series 3 38mm GPSモデル (watchOS 4.3.1)
Apple Watch Series 3 42mm GPSモデル (watchOS 5.0)
Apple Watch Series 4 40mm GPSモデル (watchOS 5.0)
Apple Watch Series 4 44mm GPS+Cellularモデル (watchOS 5.0.1)
https://qrio.me/support/q-sl2/qa/動作確認済みのapple-watchを教えてください/

一番有名なのはQrioしかし、後発だが優れているのはsesame

sesameってセサミ?・・・ごま?あっ、「開けゴマ」の意味か!
こういったネーミングセンスもキャッチーさを保つには大切です。クラウドファウンディングでスマートロックを開発したやる気のある会社です。
しかも1億円近く集めています。目標とした額の1万500%を超えています。笑うしかありません。それだけ価値がある商品なのです。
sesame miniとqrioの比較って結構大切ですね。このsesame miniとqrioの比較を行いながら本記事は、本当に必要な買い物について伝えていきます。

sesameになぜやる気があるといいきれるかというと、QrioよりもApple watch4単体の鍵の解除(ドアの鍵を開けること)が早いという機能を搭載。しかも、機能の比較においても圧倒的にSesameが多い。
APIで開発もできる仕組み。まだまだすごいのはIFTTT対応、AIスピーカーにも対応です。もうカスタマイズし放題ですね。時間を十分に有効に活用できそうです。
株式投資の暴落時に、無駄に投資情報を調べてどうしようもない自分の非力さに嘆くことや神頼みするより、朝のあの鍵の開け閉めの手間、つまりカバンから鍵を取り出して、家の鍵をかけて、カバンに鍵をなおす。忘れ物があれば、また同じ手間をかける。家に帰ったら、もう1度この手間。毎日続くどうでもいいこの手間がなくなるのです。
sesameというスマートロックがあります。Qrioとsesameを比較してみると、sesameのほうが圧倒的に上。
情報が多いのは、Qrioです。ということは、だいたいの疑問は先にQrioを使っていた人の意見がブログで出ている。
sesameもQrioも自宅のサムターン(鍵のあのガチャっとする部分)に合うかどうかは購入時に確認が必要
でも、Qrioは対応するアダプタがたくさんつくそうです。買ったけど使えないが少ないのはQrioですね。
sesameは、10月中ならさらに限定価格です。もう数日しかありませんが、ぜひ格安で購入しましょう。
格安購入ができない時期に本ブログをみた方でも、数千円ねあがっても、Qrioと比べると圧倒的に安く機能も多い。ですから、少しだけもったい。本ブログでよく伝えている頭と尾っぽはくれてやりましょう。
確実に使う便利なsesameを購入して幸せになりましょう。
数千円の値段で悩むよりも使ったときの便利さはもうトレードできません。これも購入した人でないとわからないことですよね。本ブログのはじめにかいたお風呂のお話と同じです。
とにかくたくさんの機能があるsesameです。Qrioを購入して万全のスマートロックライフをおくるか。それは、あなた次第ですね。
sesame miniとqrioの比較で、やはり値段や機能ではsesame miniですが、Qrioもバカにできないですね。

 


コメントを残す