[運用状況(2018年10月)]楽天POINTCLUBで楽天ポイント運用をしよう[暴落時に始める投資 ]


暴落時にせっせと楽天ポイント運用

楽天ポイントで運用すると信託報酬手数料が無料で投資体験ができます。

[楽天錬金術]楽天POINTCLUBで楽天ポイント運用をしよう[暴落時に始める投資 ]

楽天ポイント運用状況(2018年11月)成果

0.6%増加です。1000ポイントあたり6ポイントの増加。

悪くないです。この相場の乱高下のときにこれならば、続けられる!

株式市場が不安定なときに現金運用は危険だからポイント運用

現金ですと、大金を突っ込んで泥沼にはまることがおおい株式市場の投資。

投資信託だってもちろん危険がいっぱい。

だから、ポイント運用。

ポイント運用は、歯止めが効く!

楽天ポイント投資であれば、暴落したときについ買い増すときに、限界があります。

自分が獲得したポイント以上に使うことはできませんし、ポイントを得ようと動いても反映されるのに時間がかかります。ですから、諦めがつきます(笑)。これが投資の忍耐を育てることになります。

「あーよぶんに買いたいなぁ。」という欲望を物理的におさえ込めます。

これは、現金の余裕資金を超えて突っ込まない練習になります。

ポイント運用はあまり損得を考えなくて良い

1000ポイントあたり6ポイントです。別にどうでもいいじゃないですか。

しかし、投資運用までの株式と比べて投資信託のあの間延びした時間を知ることができます。

高騰時にすぐ売ってもできない投資信託の仕組みを体感できる

これってひふみ投信がすぐに現金化できないのと同じです。ちょこちょことひふみ投信は売っていかないと、ひふみ投信の売却価格が極端に値動く時期には想像もしていない金額で実現損益として大損することもあります。もちろんひふみ投信の売却価格が想像もしないほど高額になることもあります。このタイムラグを少額で体験できることは貴重な体験といえるでしょう。

すべてのポイント投資の役にたつ考え方です。体験しないとわからない世界がポイント投資にはあります。

何より

はやく日銀が直接的、間接的な操作をやめて

日本市場と日本の為替と国債が正常な値動きに戻ってほしいものです。

国債の指標もあてにならない。買い入れが増えすぎて出口戦略が取れなくなってくる。

もう私でも気がつくレベル・・・。

 


コメントを残す