[100円投資信託の専門家が教える]投資信託を始めようか迷っているあなたが投資商品の眼を養う方法[最高の株式と債権を買おう]


たった100円を握りしめて「世界中の最高の株と債権をください。」

今の時代はこれが可能になりました。世界中の最高の株式とは、上場されている超大手企業の株式です。私たちが入社することも叶わない数多の会社の株式。

債権は、世界中の中で指折りの優良債権です。

投資信託を始めようとしていても、「世界中の株式と債権が100円で買える」ことがわからなければ、怖くて足がすくみますよね。

そして、周りに聞いてみると投資なんて危ないものはやめなさいと言うのが大体でしょう。

これは、一面では合っています。個別株式で投資をすると言う意味であれば特に当てはまると思います。

しかし、投資をしないとお金を生む方法をサラリーマン・パートが見つけるのは難しい。

[コップからあふれた水を飲むようにお金をためる?]お金を産む仕組み作りを知っておこう[シャンパン10段タワー]

さらに、信用取引など取り返しのつかない取引もあります。

投資信託は、金融庁等も積み立てNISAと言う形で強力に推進しています。

積み立てNISAの商品に限って言えば、金融庁の基準に則っていますので危険な商品はある程度取り除かれていると言って良いでしょう。

一昔前なら、国内の株をバランスよく買うだけで、500万円前後かかっていました。

国内株に全力で購入をしたために資産が10分の1になった人もたくさんいました。

私自身もカブドットコムの株式を買い込み、40万円ほど損したことがあります。

その後に電力の株をこまめに繰り返して40万円なんとか穴埋めをしました。

損益通算や確定申告など言葉は知っていても行わなかったことで、損したこともあります。

でも時期がずれていたら電力も暴落していたので大損するとこでした。

そうです。大震災の影響で年金並みに安心といわれていた電力株の大暴落です。

このようなギャンブルのような個別株の売買は一昔前では当たり前でした。

一昔と比べるものにならないほどリスクを探していますそれでも始めない人がいます。

それが私でした。

カブドットコムで400,000円損失して取り返す大変さを知っていると、どうしても新しい投資には立ち向かえないんですよ。

一旦大負けするとその恐ろしさに気づいてしまう。これはよくあることです。

投資信託始めるまでに、ファイナンシャルプランナーに何度も相談しました。

そして何度もやめようと思った投資信託を始めようとしたきっかけは次の記事に書いてあります。

投資について1級FPさんたちに聞いてみたよ。[損することが大っ嫌いな人が知識ゼロから始める]お金の話 投資信託編

 

そこで、すっかり投資信託に慣れた私がお勧めする投資信託の始め方を紹介します。

1番最初に始める投資信託の証券会社は楽天証券が1番だ。

証券会社の選択で迷うことがたくさんあります。

自分が大金持ちになったときにはたくさんの証券が会社を開くことになるでしょう。

商品の特性や特徴に合わせて証券会社を変えるのは当たり前のことだからです。

でも、一昔前のような対人販売の証券会社等であれば、強力な営業を仕掛けてくるでしょう。

そして進められるがままに欲しくもない商品を買う。買うときは自分が欲しかったと勘違いして買ってしまうことになるかもしれません。

損をする仕組みにはまります。

まだまだ損をする仕組みがあります。いつも預けている銀行で投資信託商品を勧められることです。

これは、回転売買と呼ばれていて金融庁の調査ではほぼ銀行の半分近くの投資信託で損失を出していると言うあくどいことが行われています。

銀行の投資信託、46%の個人が「損」 金融庁問題提起

2018年7月5日 朝日新聞デジタルより

ですから1番最初に始めるのは対人販売が行われなくて手数料が低い楽天証券になります。他にネット証券があるのに、まずはじめにすすめる証券会社は楽天証券です。

1番最初の証券会社として楽天証券がふさわしい理由

楽天証券では、100円から投資信託が始めることができます。

どんな損をしても100円なくなるだけです。

実際は投資信託商品が8割へったとしても20円の価値が残って0円になると言う事はほぼ起こらないと考えられます。

リーマンショックのような大きい時でも10%も損しないという投資信託商品もたくさんあります。

つまり100円が90円になる事と言う事です。

利益でみると100円の投資信託では、10円の利益しか得られないかもしれません。

しかし、投資信託商品がどのようなものであるかを実際に自分の中で理解するためには、まずは100円を投資しておくことが1番大切なことなのです。

いきなり、月に30,000以上も積み立てNISAにかけてしまった場合、その投資商品が自分に合っていない場合は大損するだけになります。

またポートフォリオと言って投資の構成割合をあまり頻繁に変えるのは良くないこととされています。

でも、100円投資信託であれば気に入らなければ、気に入れば購入し続けることもできます。

このように自分が投資信託に向いているのか、どのような投資信託が自分にとって良いのかなどを理解するためには100円投資信託から始めていく必要があります。

会社勤めの人が、利用できるiDeCoも同様です。

iDeCoの商品の構成は証券会社によってまちまちでいい投資信託商品とは限らない。

これも会社のiDeCoの説明会を聞いて単純に始めるのは順序が間違っています。

まずは、100円投資信託を通じてどのような投資商品が入れ子に向いてるのかを自分で体感する。

その後で似た投資信託(連動する指標が似ている商品)を購入するのが1番望ましい。

運転免許を取ったときに、いきなり1億円の車で運転しますか?まずは、安い車で練習してからでもいいのではという提案です。

その次に積立NISA最後にiDeCoの投資信託に挑戦という方法が一番基本から学べると思います。

iDeCOはすぐにでもはじめろ!

ファイナンシャルプランナーに言われて衝撃的な言葉「iDeCoはすぐにでも始めろ」

[職場お抱えの責任あるFPが断言iDeCoはすぐはじめろ]損することが大っ嫌いな人が知識ゼロから始めるiDeCo編

iDeCoをすぐに始めないと行けない場合は、投資商品の中で定期預金等元本割れしない商品を購入します。これでも節税効果をしっかり得られます。そして投資商品の眼が超えてきたらきたるべきときです。投資商品を決めてバランスを考えて投資できるように現金として置いておくことが大切です。

まだ楽天の経済圏にいない?

楽天証券のすばらしいところは、楽天スーパーポイントを使って投資ができることです。

楽天銀行と楽天証券のマネーブリッチと言う仕組みによって銀行引き落としをするなんて子子最大で3ポイントポイントをゲットすることができます。

[楽天経済圏3]お金を産む仕組み作り楽天カードと楽天銀行をつなぎあわせる[お金を産むレベル2]

楽天経済圏を完成させることで、3%の値引きで投資商品を買うことができるとも言えます。

これは、3%の下落までなら損失がないと考えて投資することができるとも考えることができます。

その他にも投資信託商品を10万円単位でポイントが付与されます。

お金持ちになって投資信託の金額が増えていくにつれさらに楽天スーパーポイントが貯まると言う仕組みになります。

楽天スーパーポイントは期間限定ポイント等でなければ、楽天証券の投資信託商品に購入するときに当てることができます。

そうすることによってまた楽天ポイントが投資信託商品に変わってこの投資信託商品を売ることで現金に変えると言う楽天スーパーポイントを現金化する方法となります。

どんな商品を買えばいいの?

楽天スーパーポイントを現金化すると言う目的であれば、債権を中心の投資信託を購入することがいいと思います。

例えばこのような投資信託です。

eMAXIS Slim 国内債券インデックス

運用方針はこのようになっています。「日本債券インデックスマザーファンド」を通じて、主として国内の公社債に投資を行い、NOMURA-BPI総合に連動する投資成果をめざす。対象インデックスとの連動を維持するため、先物取引等を利用し公社債の実質投資比率が100%を超える場合がある。

引用元はeMAXIS Slim 国内債券インデックス

1円程度は損することもありますが、だいたい返金されると考える投資信託商品であれば上記のような投資信託を買ってそれを売る。

この一連の作業で楽天スーパーポイントが現金に変わります。

それでは、ただの楽天スーパーポイント換金術になってしまう。

投資の勉強したいのであれば、例えばこのような投資信託商品を買えばいいでしょう。

[毎月100円投資信託]楽天・インデックス・バランス・ファンドの購入設定終わりました![投資の教科書に出てきそうな投資信託]

この投資信託商品の場合は、世界中の株式と投資に適した債権が購入されます。

たった100円で世界中の株式が購入できて適格債権が手に入るというのはなかなかないことです。

そして債権と株のバランスも選ぶことができますので、価格の変動が大きく設けたり大きく損したりするジェットコースター方が嫌なのであれば債券型。冒険をしてみたいと言うことであれば株式方を選んでみるのも1つの方法です。

どちらを買っても200円です

すべてを買っても300円で収まります。

私の場合はこのような投資信託商品を買っています。

[決定版]見よ!これが毎月100円投資信託の威力だ![楽天証券版]

例えばemaxis slim先進国株式の場合は、信託報酬手数料と言う手数料が非常に低いのでお得です。

たくさんの投資信託商品を楽天ポイントで買うことでどのような投資商品が私に合っているのかと言うのも実験的に調べることができています。

これだけ全て揃えて数ヶ月ポイント投資をし続けても、13,000円程度です。

[保存版]見よ!これが毎月100円投資信託の方法だ![楽天証券版]

もしも私が1種類だけ投資信託商品を選ぶなら下の記事の楽天・インデックス・バランス・ファンドの中の3種類から選びます。

[結論からいおう]楽天・インデックス・バランス・ファンドは今までの最高と言われた投資信託をぶった切る投資信託![毎月100円投資信託]

これほど素晴らしい楽天証券ですが、積み立てNISAは楽天証券はあまりオススメができません。

これはまたの記事にしたいと思います。


コメントを残す