[2018年度実現損益NO.1]リターン12%超の投資信託はこれ


投資信託を売却して手元に利益が

 つみたてNISAに変更することを機に投資信託を整理しています。高いジェットコースターのような相場になっているのでそろそろ一部解約です。

高い株価をつけている場合は、たくさん購入ができないので、現金にしておくことって大切です。本ブログで最高益をえた投資信託は13%未満のリターン

 

[つみたてNISA一時売却]SBI証券のつみたてNISAを楽天証券に変更します。[投資信託の売却]

本ブログ投資信託リターンNO.1は、大和-iFree S&P500インデックス

3月中頃から、少しずつ積み立てていた大和-iFree S&P500インデックスが12%を超える利益を実現しました。

もう想像以上に感動です。

過去最高の値を出しているアメリカ株式

[トランプも認めた最高値付近!ここで売る]手元に利益を得ることだけが正しい答え[投資信託の出口戦略3]

トランプさんの減税などのメリットをもろに享受した1年でした。高すぎる株価はいつかは、下落するもの。

盛者必衰の理です。

そんな中で今年の最低値で購入して、最高値更新の今売却できたのは、100円投資でこまめに売買の練習をした成果です。

投資信託の管理負担が減ると暇に・・

投資信託の扱い本数が少なくなると、個別株式を保有するより楽になります。

現金化した資金は楽天の定期金利に!

[楽天経済圏]金利0.21%の1ヶ月定期預金でお金のフットワークを磨く

現在の投資信託のメインはiDeCo

iDeCoの投資信託は、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスです。

【iDeCo(イデコ)の移管した理由のまとめ】iDeCo(イデコ)はSBIよりマネックスのiDeCo[職場お抱えの責任抱えるFPですらiDeCoやれと明言]

先月までは、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス100%でした。しかし、今月からは定期預金を80%にしてeMAXIS Slim 先進国株式インデックスを20%で毎月かけていきます。世界経済は来年度も3%前後成長が見込まれていますので買い続けていいと思います。でも、世界経済の56%程度はアメリカの株式市場。アメリカが揺れ動けば必ずeMAXIS Slim 先進国株式インデックスに影響を与えることでしょう。

そこで、現金で保有。もったいないのはわかっていますが自分の納得する投資資金で投資信託をする。iDeCoの場合は、基本的には売らずに割合を変えることで現金保有率を高めようと考えています。15万弱が現金で残りの5万前後が投資信託の状態。15万円近くをもう少し投資信託に当てたいのですが暴落したときの買い増し(最低5−10ヶ月分)に使おうと考えて今は投資しないことにしています。

楽天証券の100円投資信託も好調に推移して今年は投資信託して楽しい日々でした。来年度以降は、暴落するごとに購入して2022年前後に今の現金資産の半分以上を投資にあてようと思っています。

太陽光発電も今まさに頓挫しかけている状況(九州電力の事情)。買取金額も下がる、太陽光発電は契約も大変。台風などのリスクもあるそんな投資をがんばる元気がない私には、今の100円投資家がお似合いです。みなさまも投資で駆けずり回る元気があれば、どんどんされて、元気がなければ最小の動きで利益が得られるようコツコツ頑張りましょう。

 

 


コメントを残す