APPLE WATCH4の投資アプリは、iSPEEDで決まり[結局楽天経済圏]


APPLE WATCH4の投資アプリは、iSPEEDで決まりな理由

別にSBI証券のHYPER 株アプリでもAPPLE WATCH対応だし、そういうことは好みだ!と思っていました。

でも、これって全然違います。

自営業者は、いつでもアプリをみれるけど

一般の社員さんであれば、勤務時間中に株式情報をみているのは問題になります。

目に入る情報として表示されていることに問題はないのです。

何か操作をしている感じに見えると確実に叩かれます。

株式情報アプリでみておきたい情報はこれ

まずは日経平均(TOPIX)の前日比

続いて、S&Pなどのアメリカ株式市場反映の前日比

あとは、個別の株式情報など

この場合、前日との比較(プラスかマイナス)かさえ、APPLE WATCH4で表示されればいいのです。

細かくいくら儲かっているか・損しているかなどを見ようとするから操作してしまうのです。

下がっているか、上がっているかがすぐみることができるアプリは、楽天証券のiSPEEDでした。

SBI証券のHYPER 株 アプリでは、現状前日との比較でいくらプラスになっていたか、マイナスになっていたかが一覧表示されません。

つまり、何らかの一手間の操作が必要になってしまいます。

休憩時間や勤務時間外に操作することは問題ないのですが、働いているときに何か言われてしまうことは絶対避けたいものです。そういうときに間違いがないアプリ。それが楽天証券のiSPEEDです。

さらに、自営業者にとっても一覧でプラス・マイナスが把握できることはとっても意味があります。

すぐに大切な情報がわかることこそが大事なのだと思います。


コメントを残す